sidestory

 

 

 

 

 

 

「アル管」ファンのcynさんがこれまた見事なアル管のサイドストーリーを書いてくれました。あまりに完成度が高いので、作者一人で味わうのはもったいないと思い、アル管ファンのみなさんにも公開してもらえるようお願いしました。

cynさんは作者の心の中では、オフィシャルにアル管の専属小説家です。ゲームの伏線や細かい設定など、きちんと読み込んでくれている方なので、アル管の世界観が非常に忠実に表されていますよ。それには作者が太鼓判押します。どうぞcynさんに愛を飛ばしつつ、アル管ワールドを堪能させてもらいましょう。

というわけで作者、感謝の気持ちを込めて表紙を描かせていただきました。(小説はPixivにて掲載☆)

現在公開中でないゲームは欲しかったら作者に聞いてくれればあげます。遠慮せずに聞いてね。

 

 

 

novel-sasha

"Sasha"

続編~サーシャ兄番外編のサイドストーリー。(続編と番外編のネタばれがあるので、読んでいないと話がちんぷんかんぷんだろうと思われます。続編と番外編をプレイしてから読むことをお勧めいたします。)

感想:兄さんのファンの方は必読です!兄さんがねぇ・・・相変わらず変態でおちゃめだよ!かつ彼のじゅんちゃんへの静かでおおらかな愛情には作者なくせに泣かされました。二人を取り巻く寮のメンバーたちのお馬鹿トークも見事に炸裂してます。作者が描ききれなかった舞台裏がのぞけちゃう、なんともお得感満載の作品。ラストがあまりにかわいくて作者が悶え死にました。

lasse

"Lasse"

続編に出てくる白樺荘最強俺様キャラのラッセのお話です。

感想:愛想ゼロ。笑顔ゼロ。ゴーイングマイウェイで塩辛いことしか言えない彼ですが、そんな彼の不器用な愛情だからかな・・・彼の淡々とした過去を思う独白に作者どばーっときました。優しさってこんな形もあるんだよね。親分がかっこいいよ。あんた、男だよ。幸せになっておくれ、ほんと。

novel-felix

"Felix"

between the seasons、フェリ君番外編、(Xmas体験版裏おまけもプレイ済みだと尚更あなたの妄想が暴走するやもしれません)をプレイ後読まれることをお勧めします。

感想:フェリ君の家族や愛する人へのいろいろな思い、じゅんちゃんへ高ぶる衝動を抑えきれない色っぽいフェリ君、おじいちゃんのかけてくれた優しい言葉、じゅんちゃんたちの見ている景色・・・もう・・・いろいろ作者にとってはたまりませんでした。フェリ君のじゅんちゃんへの気持ちというのはいろいろなものが絡み合っているので、そんな繊細な心の動きを本当に綺麗に微細に文章で表しています。名作じゃないかと思います。

josh

''Joshua''

じゅんちゃんと付き合ってからも苦労しっぱなしのジョシュのお話です。続編は未プレイでも大体大丈夫。

感想:見た目二枚目中身三枚目だよね、ジョシュって・・・。(って作者なのにそんなこと言っていいのだろうか。)ジョシュほんと馬鹿だなぁ、と思いつつもじゅんちゃんをボロかわいがりしてる姿が愛らしいです。ラストの7月組が大騒ぎしてるところがほんわかします。じゅんちゃんがかわいいよ・・・。

guillaume

"Guillaume"

一応続編のネタバレもありますが、未読でもほとんどオッケーかな。

感想:性別のあやふやなギヨームですが、ここではそんな彼が自分に大切なものを見つけて男の子に変わっていく姿がすごくよく見て取れるかと思います。彼の生い立ち、彼の入寮、そして好きになった子の為に変わろうとする彼の成長ぶりがこれまた見事に描かれています。ツンデレなギヨームがもう・・・猛烈にかわいい。頭をぐりぐりしてあげたいです。

sean

''Sean''

続編の後のお話ですが、続編未プレイでもほとんど平気。

感想:ショーンの飄々っぷりがねー・・・憎ったらしいですねぇ。っていうかこの人と付き合うのって苦労するなぁなんてしみじみと思いました。付き合わされるじゅんちゃんに思わず、偉いよ、がんばれ、と言ってあげたくなります。にしてもお話の続きが気になります・・・。じゅんちゃんが変なプレイを強制されていないことを作者は祈ります。

ling

"Ling Wei"

続編のラストから後のお話です。でも続編未プレイの方でもあまり問題ないと思います。

感想:作者ね・・・このお話を読んだ後、思わず「リンくーーーん」と海に向かって叫びたくなりました。いや、海目の前にないけど。この子はあまり自分のことを振り返らない子なので、じゅんちゃんや寮のみんながいてくれてよかったなぁなんて心底思いました。彼の不器用なじゅんちゃんへの愛情が本当にいじらしいです。いろんな人たちの愛情がいっぱい詰まった作品です。

jun

''じゅんちゃん。''

続編プレイしていると分かるネタがちょっとありますが、ギヨーム編やってればお話は分かると思います。

感想:じゅんちゃんが少しずつ成長していくところを読んでたらさ・・・「大きくなったのねぇ、じゅんちゃん」って作者もう、母の気分ですよ。じゅんちゃんの初恋がいじらしくって、東堂君のじゅんちゃんへのまっすぐな愛情を思って切なくなりました。初恋っていうのはうまくいってもいかなくっても、その一途な気持ちが大切だなって思います。そういうのって一生大切にしたい気持ちだと思うよ、うん。

+++ブログ企画より+++
lasse

''じゅんずきんちゃん''

感想:ラッセ親分が扮する狼とじゅんちゃん赤頭巾のお話。二人共もともとはまり役なので、違和感がありません。他のメンバーも登場して相変わらずすっちゃかめっちゃかやっています。メルヘンの世界に癒されます。親分がなんだかんだいって優しいです。とてもかわいいお話。

ling

''リン君法師''

感想:かわいい!リン君がめっちゃくちゃかわいい!手乗りリン君が欲しくなってきました。そして配役が・・・みんなはまってます。個人的におじいさんとおばあさんコンビが好きかな。おじいさんのフォローに徹するおばあさんにそっとがんばれといってあげたくなります。

maerchen3

”白樺村の笛吹き兄さん”

感想:兄さんが子供たちを誘拐していく・・・という話ではありません。(念のため)白樺村のレストランなんてあったら行ってみたいね。フェリ君がご飯作ってくれて、リン君が精一杯愛想を振りまいてくれて。でも作者はじゅんちゃんウェイトレスが本命だけどね。ラストにほのぼのきゅんきゅんするお話です♪

josh-maerchen

”眠り姫と硬派王子”

感想:もう・・・あれよね、ジョシュってどこまでも残念男子だよね。じゅん姫を助けに行くまでにジョシュが苦闘する姿がありありと思い浮かんで困ります。そんなジョシュに愛情を注いでくれるcynさん、本当にありがとう!

sean

"空飛ぶショーンと魔法の国"

感想:ショーンがしれっとじゅんちゃんを誘拐していきます。その飄々とした感じがラスト崩れるのがなんとも見もの。ショーンが慌てるとことか作者読んでて新鮮でしたよ!魔法の国の王子様が素敵です。はまってます。最後のラッセの一撃が笑えます。ぷぷっ。

felix novel

"フェリックスのアラビアンナイト"

感想:こういうお話を書けるcynさんを普通に尊敬します。フェリ君が謎めいた美青年って感じかつ素敵にブラックです。フェリ君が好きな人には、きっといろいろたまらないことでしょう。町を影から支える権力者のフェリ君がはまりすぎです。(笑)

maerchen6

"不思議の国のギヨーム"

感想:不思議なワンダーランドでギヨームがくるくる変わる面白い設定のお話。ギヨームは大人になったらすごく変わっちゃうと思うんだけど、幼いギヨームにも大人のギヨームにも会えちゃう、ちょっとファンにはお得なお話かも。

   
+++ぼくらのなつやすみシリーズ+++
felix-summer

「ぼくらのなつやすみ フェリックス」

感想:高原でフェリ君と過ごす夏休み。要君、気が利いてるな!グッジョブ!!じゅんちゃんとフェリ君の夏はなんとも優しい空気が流れていますね。こういう夏が二人に何度も訪れるんだろうなと想像すると、温かい気持ちになります。

 

sasha-summer

「ぼくらのなつやすみ サーシャ」

感想:手先の器用な兄さんが、仕事の旅先で、ある素敵なプレゼントをじゅんちゃんに作ってきてくれました。兄さん番外編をプレイした後だと、あぁなるほどなーと皆さん思うことでしょう。兄さんの優しい愛情表現に、作者がうおーんと切なくなりました。

josh-summer

「ぼくらのなつやすみ ジョシュ」

感想:ジョシュよ・・・ほんと・・・馬鹿だなぁ・・・。相変わらずの素晴らしい食いっぷりを披露しています。なんでジョシュはこう決まらないのか。そう、それは作者の愛ゆえ・・・げぇほげほげほっ!!ひょんなきっかけでジョシュの本音が聞ける美味しいエピソードです。ごちそーさま!!

lasse-summer

「ぼくらのなつやすみ ラッセ」

感想:親分のドSっぷりがね・・・。いい味出してます。じゅんちゃんへの愛情表現がすんごくひねくれてます。(笑)まぁ、それが親分だからね。飄々ととんでもないことをする親分、さすがです。あ、あと、さすが18禁担当ですね!やりおるか、やりおるか・・・と少し作者どきどきしました。

guillaume-summer

「ぼくらのなつやすみ ギヨーム」

感想:しょうがない甘えん坊だな、ギヨームよ!じゅんちゃんがまぁいつもの通り面倒見てます。夏休みなのに、不憫なことになっています。ギヨームの視点だと、世界が乙女ちっくに見えて楽しいですね。ふわふわ甘い世界にじゅんちゃんとかわいいお洋服に囲まれて、とっても幸せそうです。

「ぼくらのなつやすみ ショーン」

感想:ショーン君に今日もいい様におちょくられているじゅんちゃん。素敵なデートに出かけます。にしてもショーンってほんと駆け引きで生きてるなぁ。自分の思い通りになるように計画を遂行するこの抜け目のなさ・・・。ショーン君ほんとずるいんだよ!もうね・・・みなさんきゅんきゅんすること請け合いです!

「ぼくらのなつやすみ リン」

感想:リン君のマイペースっぷりが炸裂するほのぼのしたお話です。彼の視点で過ごす夏休みはのんびりしてはいますが、本人はそれなりにがんばっているので、それがなんともハラハラ・・・いや、いじらしいです。二人が仲良くぜんざいを食べているところを想像して、めちゃくちゃ癒されました・・・☆

 

 

 

 

 

Gamesへ戻る